COMPANY

会社案内

株式会社 茶ノ木について

ごあいさつ

当社はインドネシアをはじめとした東南アジアでの開発輸入専門商社です。直輸入した半製品を国内提携工場にて最終製品に仕上げており、環境問題を意識した良質な製品をご提供できるよう努力しております。
また、インターネットを通じた商品の提供や、徹底した流通経費の削減により、ユーザーの皆様へ良心的な価格でのご提供が可能です。
ぜひ、本物だけが持つ存在感を多くの方に味わって頂きたいと思っております。
さらに、木材のプロとしてのアドバイスも致します。お気軽にお問合せ下さい。
今後も商品を充実させていく予定でございます。何卒宜しくお願いします。

代表経歴

1973年上智大学卒業。エンジニアリング会社を経て、1976年木材専門商社入社、南洋材原木の輸入・製材・合板機械の輸出を手がける。1978年木材資源開発会社に出向。南洋材製品の生産指導や輸入に携わる。
1988年株式会社茶ノ木を設立。 耐久性の高いウリン材をはじめとした無垢木材住宅資材の輸入販売及び施工を行う。


代表取締役
加藤 明伸
1950年 鎌倉市に生まれる
1969年 神奈川県立湘南高校卒業
1973年 上智大学理工学部卒業
1976年 木材専門商社に入社
上智大学理工学部卒業後、システムエンジニアに携わるものも、独立を視野にいれる。社会人としての経験を積んだ後、南洋材原木輸入 製材・合板機械の輸出を手がける木材専門商社に入社。堪能な語学力を活かし、長期の出張で東南アジアに赴き、原木の検品などに従事する。
1978年 木材資源開発会社に入社
JODC(財団法人海外貿易開発協会)において、現地企業を日本企業が支援する活動に取り組み、南洋材製材輸入やインドネシアで南洋材の加工生産指導に携わる。
1988年~ 株式会社茶ノ木を設立
前職での経験・ノウハウを活かし、徹底した品質管理により、無垢の木材の海外仕入から施工までを行う。
防腐性・耐久性の高いウリン材によるウッドデッキの施工実績は、国内最多の1800例以上(2018年まで)あり、腐食・倒壊などは全く発生なし。

会社概要

商号 株式会社 茶ノ木
Chanoki Corporation
代表取締役 加藤 明伸
住所 〒248-0003 神奈川県鎌倉市浄明寺4-6-41
6-41、Jyomyoji 4-Chome、Kamakura、Japan
倉庫:鎌倉・千葉・大阪
電話番号 0467-23-0010
FAX 0467-22-2590
設立年月日 平成1年3月
資本金 1000万円
業種 建材の開発輸入販売業