ハイデッキのリニューアル

0

Posted by admin | Posted in ウッドデッキ, バルコニーのウッドデッキ, 車庫上のウッドデッキ | Posted on 2014年06月03日

横浜市泉区 H氏邸

腐食が進み使用に危険が出てきた既存のデッキを解体(他社施工)し、
新たにウリンにて作り直しました。

こまめにお手入れをされても、素材の材木が腐る木であれば
10年前後で必ず使えないデッキになってしまいます。

その間のメンテナンスの為の防腐剤や、塗布の為の労働などのランニングコストを合算していくと、
腐るデッキの方が遥かに高価な買い物になってしまいます。

(腐った木の処分も含めて)ウッドデッキ(ウッドバルコニー)をご計画の際は、
最初の見積もり金額の高低に惑わされることなく、会社の信用や施工の経験も大事な事ですが、
使用する材木選びがもっとも大切な事で、それが決まって業者の選定をなさる事をお勧めします。(DP)

お客様よりアンケート頂きました。

(原文のまま)
「ウリンデッキでリニューアルでき大満足です。
メンテも必要なく、ハードウッドという事で安心感が高いですね。
小林さん・大工さんには大変お世話になりました(以下省略)」

Comments are closed.