無垢フローリングで床暖房は?

0

Posted by admin | Posted in コラム | Posted on 2002年10月26日

床暖房は、対流式ではなく部屋全体を輻射熱により自然に暖める為、
体に優しく、近年急速に需要が増えています。

熱源は 電気、ガス、ソーラー蓄熱などさまざまありますが、
それでは、弊社の無垢フローリングは床暖房に対応できるのでしょうか?

こんな質問がお客様より増えて いますので、お答えします。
答えは「方式によりOK」です。 

無垢材は自然の材料ですか ら、温度・湿度により伸縮します。 
製品に加工する工程で、人工的に乾燥をし、将来的に安定した性質を保つよう管理していますが、
それでも温度・湿度変化 が大きい場合には伸縮したり反ったりします。 

ですから、無垢材で床暖房をする場合には、
あまり高温にならず(50℃位まで)、温度変化の少ない方式を 選択することです。 
メンテナンスを考えると、無垢材は半永久的な耐久性があると言えますので、
暖房機もその点を考慮して選択する事も重要でしょう。 

又、無垢は比熱が高く、暖まるのに時間が掛りますので、
頻繁にON/OFFをするような使用には向きません。 
したがって、長時間暖房するという使い方になりますので、
ランニングコストについても、考える必要があります。 

最近は、多くの会社が研究し、遠赤外線を利用するなど、低温でありながら、
体感温度 は暖かいというような優れた製品が生れてきており、無垢にも充分対応しています。 

日本フレクセル 富士環境システム 新栄 など各社ほか、
床暖を知り尽くした専門の販売会社もあります。
・・アオキ住宅機材販売 弊社商品は数社より床暖房に対応するとの検査結果が出ています。

Comments are closed.